UNFAIRS

アンフェアーズとは?

アンフェアーズは現代の「タートルズ」として投資家集団の形成を目指して設立されました。

伝説の投資家集団タートルズ

1983年、のちに伝説のトレーダー集団と呼ばれる「タートルズ」が誕生しました。

タートルズとは、400ドルを数十億ドルまで増やした実績を持つアメリカの著名な投資家であるリチャード・デニスが天才数学者のウィリアム・ロックハートとタッグを組み独自の売買ロジックの指導を受けた塾生です。

塾生は約2週間の研修後、実際に100万ドルの口座運用を任されました。

その結果、ほとんどがFXトレード未経験であったにも関わらず、大きな利益を上げるメンバーが続出しました。

タートルズを指導したリチャード・デニスは、「優秀なトレーダーは育成できる」ことを証明しました。

時は流れて現在、日本にはFXスクールなど多くのトレードコミュニティが存在します。

中には非常に高い入会料を支払いFXの裁量ロジックを習得するものもあります。

しかしながら、全員が習得したロジックで必ず利益を残せるということはありません。

その理由はとてもシンプルです。

・チャートを開いて取引にかける時間がない

・裁量トレード(手動取引)ではメンタルの維持が難しい

たった2つだけのことですが、人間がチャートをみて実際に取引を行う裁量トレードでは、メンタルの維持が非常に難しいです。

FXにおいては、資金7万円を10万円にするのも、資金700万円を1000万円にするのもロジックとしては同じです。

例えば資金7万円の場合に、1回のトレードで2000円の利益または損失が確定した時点でトレードを終了するとします。

これが資金700万円の場合、1回のトレードで20万円の利益または損失となります。

これをあなたが運用し含み損10万円を目の前にした時、冷静にいられるでしょうか?

実はタートルズの塾生も、全員が利益を上げられたわけではありません。

その理由も同じで、感情によりロジック通りのトレードができなかったからです。

自動売買システムの登場

タートルズの発足から30年、FXでは今や機械による自動取引が可能になりました。

プログラムされたロジックを機械が取引するため、24時間チャートを監視し、人間の感情に左右されないトレードが可能です。

設立者もまた、エンジニアとしてFX自動売買システムを開発したり多くのFX自動取引システムを使用してきました。

そして、設立者がこれまでに使用してきた自動売買システムを公開し、コミュニティメンバーのための資産形成の一助となるべく当コミュニティを設立しました。

アンフェアーズ、誕生。

アンフェアーズは格差社会を生き抜く投資家集団を意味します。

もうFXの学びのために高額な入会料を支払う必要はありません。

これまで100を超える自動売買システムを利用してきた経験・実績を共有し、私たちアンフェアーズのコミュニティメンバーは格差社会を生き抜きます。